訪問リスト >> 邢台砿業 東龐煤砿 >> 2017.5

邢台砿業 東龐煤砿
Xingtai Minig / Dongpang Coal Mine
2017.5.6
レポート :  【 2016.11ー準備中 】  【 2017.5 】
         
   
今回の訪中は、GW連休を利用したもので、友人のYさんとご一緒しての旅行となりました。

前日、遼寧省の盤錦から 夜行列車に乗車し、邢台に到着したのは 朝の8時過ぎでした。

駅前でガイドさん(王雪松氏)と待ち合せ、ホテルに荷物を置いたのち、タクシーで 現地へ向かいました。

なお 東龐煤砿は 邢台市の北部郊外に位置する炭砿で、火力発電所にも接しているため 構内への立ち入りは 厳しく制限されていますが、ボタ山との間で運行されているズリ捨て列車は、自由に撮ることができます。
 
   
 
 
  11時前に ボタ山が見える所まで来たところ、麓の施設から 列車が出てきました。

炭砿に戻る 空車列車です(33号機)。
     
  施設の中を覗いてみると、左手には 30号機が停車中でした。

また 右手には、トロッコのズリを降ろすチップラー小屋があり、前には 順番を待つトロッコが並んでいます。
 
     
  トロッコから降ろされたズリは、地下で インクライン専用のトロッコに積み替えられたあと ボタ山の上へと運び上げられて行きます。
     
  炭砿とボタ山の間(約1km)は、一直線の道路で結ばれていますが、道路脇には 電化軌道が 敷設されています。

ボタ山の近くで待っていると、11時45分頃に ズリを満載した列車が 炭砿から やってきました(33号機)。

 
     
  その後は、炭砿の近くまで 移動してみました(奥に見える 赤白の煙突が発電所)。

12時20分には、次のズリ捨て列車が通過して行きました(31号機)。
     
 
10分後、更にもう1本のズリ捨て列車が通過して行きました(03号機)。

この日は、運良く ズリ捨て列車の運行が多いようで、忙しい位です。

 
     
  12時40分になると、ボタ山から 空車列車が戻ってきましたが、何と 重連のようです(31号機+33号機)。
     
  上の写真の続きです(31号機+33号機)。

真横から よく見ると、33号機の方は 集電装置を降ろしており、運転士の姿も見えません。

33号機は 回送でした。
     
  続いて12時50分には、30号機 が 単機 で ボタ山から戻ってきました。

目の前で停まってくれた 運転士の話では、立て続けにズリを送り込んだ後なので、ボタ山から持ち帰る空車がないそうです。
 
     
  上の写真の続きです(30号機)。

運転士は これにて 勤務交代 だそうで、併用軌道を 軽快に走り去って行きました。

この後は 暫らく列車が走らない様子なので、私達も 炭砿を 後にすることにしました。