ご挨拶
About me

1.ホームページ の 開設 にあたって (2014.4.10)
 


自己紹介

奈良県在住の日本人鉄道ファンで、ハンドルネームを 「一路順風!」 と、名乗っております。
当サイトへのご訪問ありがとうございます。
 
一般の鉄道に比べて、線路の軌間が狭い鉄道のことを、ナローゲージと呼びます(Fig.1 参照)。
サイズや規格が低ければ、建設コストを安くできるため、かつては、日本国内でも、主として輸送需要のあまり多くない所に、敷設されてきました。
経費を節約するため、等高線をなぞるように敷かれた線路には、至る所に急カーブがあり、豊かな自然に囲まれたなかを、個性豊かな小型車両が活躍した時代があったわけです。
しかし、これらの鉄道は、大量輸送手段としては非効率的なものであり、モータリゼーションの発達によって、その殆どが姿を消してしまいました。

私が ナローゲージの魅力を知りましたのは、大学生の頃(1970年代後半)ですが、高度成長期も終盤にさしかかっ ていた我が国では、時 既に遅く、殆どのナローゲージが廃線になった後であり、残ったわずかな鉄道も、終焉の時期を迎えていました。
このため、当時、 「もっと早く生まれて来たかった!」 と感じることが、何度もあったものでした。

その後、社会人となって仕事も忙しくなると、ご多分に漏れず、趣味として、鉄道に接する機会は徐々に減ってしまいました。

しかし、21世紀になって、さまざまな情報がインターネット上で得られるようになると、近隣諸国では、今なおナローゲージが元気に活躍していることが手に取るように、わかるようになってきました。

特に中国では、日本とも相通じる 美しい景観のなかで活躍するナローゲージが数多く存続していて、中には、蒸気機関車が活躍中の路線も存在していることなどを知るようになりました(一方、姿を消しつつある鉄道が、多々あることも・・・)。

折り しも、デジタルカメラの性能が飛躍的に向上し、未熟な腕前の私でも、安易に撮影できるようになり、また勤務の関係でいえば、航空会社のマイレージを貯めやすい環境になったこともあって、2009年以降、遅まきながら、度々訪中しては、これらの鉄道を訪問し、撮影したり、乗車したりするようになりました(Fig.2 参照)。
 

 

中国におけるナローゲージ

日本では、ナローゲージは軽便鉄道法(1910年)や地方鉄道法(1919年)の施行によって、広く普及するようになりました。

一方、隣の中国では事情も異なり、1950-80年にかけて運行を開始したものが数多くあります。

この5年間の中国を見ていますと、上海万博の開催や高速鉄道網の充実など、経済成長、社会構造の変革、とりわけモータリゼーションの発達には、目を見張るばかりで、1960年代、1970年代の我が国を彷彿とさせるものがありました。

しかしナローゲージの衰退についても、当時の日本と同じ様に急速に進んでいます(2013年迄に訪れた30線を例としてあげますと、そのうちの20ヶ所が 既に 「運行停止」 あるいは 「廃線」 になっています/ 2017年4月現在)。

このたび、このような ホームページ を立ち上げました理由 は、どこか懐かしさの漂う牧歌的な鉄道が、今なお中国には残っている ことを広くご紹介したかった というのは 勿論なのですが、これらの鉄道を訪問したい という方があれば、”なるべく早めに 訪問されるよう お勧めできたらなあ ~ ” との 思いが あったため です。


2.開設 3周年を迎えて (2017.4.10)




このたび、開設3周年を迎えることが できました。
また、この間に 皆様からアクセスいただきました回数も、14万カウントに達しました。

これも ひとえに 日頃 この「你好, 小火車!」をご覧いただいている皆様や、情報やご感想そしてお問い合せをお寄せくださった方々、そして お知り合いに このサイトを ご紹介いただいた方々のおかげです。
心より お礼申し上げます。

ここ数年、中国では 経済改革や国土整備が急速に進み、炭砿や石灰石砿山などの閉山や 輸送を担ってきたナローゲージ鉄道も 運休・廃線が相次ぐ事態となっています。
このため 掲載内容が 現状を反映できていない場合もあり、心苦しく感じているところです。
引き続き、最新情報の把握に努めつつ 更新して参りたいと思いますので、宜しくお願い致します。

ところで、
最近では 中国国鉄の切符手配も 日本からインターネットで手配できるようになり とても身近なものになりました。
また 現地では 高速鉄道網の整備が進む一方、夜行列車も まだまだ健在であるため、バラエティに富んだ鉄道の旅が 気軽に楽しめる時代となっています。

ナローゲージ が お好きな方々には、今のうちに 訪問されることをお勧めする次第です。

それでは、皆様も・・・「一路順風!」(どうぞ 良いご旅行を!)

 
 ttt
 
Fig.1 :
鉄道 の 軌間


軌 間

 
 
 
 
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
軌間
(mm)
中 国 日 本  
  600
または
610

遼寧南票煤電
江合煤砿
など

立山砂防
など
 
762
森林鉄路
大連塩化集団
芭石鉄路
など

森林鉄道
三岐鉄道(北勢線)
黒部峡谷鉄道
など
 
900
鞍山砿業(大連)
江南小野田水泥
中梁山煤砿
など

-  
 
 
 
1,000
昆河鉄路

-  
1,067 桃沖砿業
など

JR
小田急電鉄
名古屋鉄道
南海電鉄
など

 
1,372 -
東急(世田谷線)
都営(新宿線)
など

 
1,435 国鉄
同 高速鉄道
など

新幹線
近畿日本鉄道
阪急電鉄
など

 





Fig.2
: 一路順風! の 中国ナローゲージ 乗車区間