訪問リスト >> 黒龍江龍煤砿業 集賢煤砿 >> 2019.5

黒龍江龍煤砿業 集賢煤砿
Heilongjiang Longmai Mining / Jixian Coal Mine
2019.5.4
レポート : 【 2019.5 】
         
   
この日は、午前中に 同じ 双鴨山市内にある羊鼻山鉄砿を訪問しましたが、昼食後に タクシーが道を間違えたため こちらへ着いた時は 14時を回っていました。

立坑がある炭砿の中心部 や 隣接する資材置き場は、ゲートがあり 中に入れてもらえませんでしたが、ボタ山周辺は撮影が可能でした。

なお 今回は 友人のKYさん にご一緒いただいての訪中で、通訳は 李卓珣さんに お願いしています。   
 
   

 
 
  この炭砿の東側には 隣り合うように 2つのボタ山が並んでいます。

ボタ山の周りには ゲートもなく、簡単に 進入することができました。

山のふもとには、電気機関車を走らせる職員の姿がありました。
 
     
  更に近づいて、写真を撮らせてもらいます。

彼の話では、マスコン操作よりも、手元の紐でパンタグラフを上げ下げする方が、楽に運転できるそうです(紐はマスコンのハンドルに結び付けられていました)。

屋根が錆びてしまって、ところどころ 青空が見えている天井はご愛敬です。
 
     
  ボタ山のインクラインの様子です。

右側に、四つん這いになって 上へ昇って行く 職員の姿が見えます。
     
  この炭砿では、電気機関車ばかりではなく バッテリー機関車も活躍しています。

15時過ぎには、立坑の方に戻る列車が 通過して行きました。

空のトロッコに加え 資材を載せた台車を曳いていました。

なお、ポイントの切替操作は、同乗している助手の役目らしく、分岐点では 忙しそうでした。


 
     
  立坑方面に走り去る列車を、後ろから撮りました。
     
  続いて、側面にリブの付いた 電気機関車が、ズリ捨て列車を曳いて 姿を現しました。

この列車の助手は、機関車の最前部に 腰掛けていました。
     
  ボタ山の傍らへ来ると、今度は 推進運転で チップラー小屋の方へ 向かいました。

写真は、トロッコが 次々と小屋の中に入って行くところです。




 
     
  トロッコの搬入が一段落すると、職員が 1両のトロッコだけを残して、編成を切り離しました。

機関車は、ボタ山の脇を 前方に向かいます。


 
     
  上の写真の続きです。
 
     
  何をしたいのかな?と見守っていたところ、分岐点で 手前の線路に転線し、今度は 推進運転で走り出しました。
     
  このようにして、再び チップラー小屋へ戻ると、隣側の線に停まっていた空のトロッコの編成を曳いて 帰って行ったのでした




 
     
  次に 姿を見せたのは、更に別の電気機関車の曳く 資材運搬列車でした。

ボタ山の近くで停車すると、機関車は トロッコを切り離してしまいました。
 
     
  この機関車は ボタ山の前で転線し、単機で立坑の方に 戻って行きました。

我々のような カメラを持った侵入者は 珍しいらしく、列車の動きなど 親切に 説明してくれる職員もいましたが、言葉が わからなかったのが 残念です。