訪問リスト >> 白雲黄金砿業 荒甸子砿 >> 2019.11

白雲黄金砿業 荒甸子砿
Baiyun Gold Mining / Huangdianzi Mine
2019.11.1
レポート : 【 2019.11 】
         
   
Google の衛星写真を見てみると、 鳳城市の青城子鎮には 1日では とても回り切れない程の 多くの砿山があります。

そこで 高速鉄道の通遠堡西駅から タクシーを使って訪れてみたのですが、これらの砿山(鉛・亜鉛などを産出する金属砿山が主体)の多くは、 近年の環境規制強化に伴い 休業や閉山に なってしまっていました。

しかし 「青城子鎮 北部の白雲村には、数ケ所の金砿山が 今も操業しているよ」 と教えてくれた タクシー運転手の情報を頼りに、訪ねてみることになりました。

なお、今回は 瀋陽の 李卓珣さん に ご案内いただきました。
  
   

 
  この 荒甸子砿 に到着したのは 13時頃のことでした。

構内には 真新しい立坑があり、その 右手には バッテリー機関車が停まっています。

 
     
  この金砿山では、まるで ズリ捨て場のような 崖から、トロッコの金砿石を落とし、トラックで輸送しているそうです。

砿石列車の到着が、待ち遠しく感じられます。




 
     
  しばらくすると、立坑の周りにいる職員達の動きが、慌ただしくなってきました。

いよいよ、立坑からトロッコが上がってきたようです。


 
     
  運び上げられた ナベトロを押して、バッテリー機関車が こちらにやってきました。

2両のナベトロには、砿石が載っています。
     
  運転士と助手が 2人がかりで ナベトロをひっくり返して、砿石を下に降ろします。
     
  わずか2両分なので、作業はすぐに終わりました。

その後は、空のトロッコを曳いて 立坑の方へ引き返していきました。
     
  10分ほどで、再び 砿石を運んできました。
     
  ナベトロをひっくり返す作業が 繰り返されて行きます。

時計を見ると、ここに来てから まだ30分も 経っていません。

訪問のタイミングが良かったのか、短時間のうちに 興味深いシーンを味わえて ラッキーでした。