訪問リスト >> 河南省地方鉄路 朝杞線 >> 2010.9

河南省地方鉄路 朝杞線
Henan Area Railway / Chaoqi Line
2010.9.25-26
レポート :  【 2010.9 】 【 2011.1ー準備中 】
         
   
河南省には、かつて 狭軌の地方鉄路が 数多く存在し、貨客輸送が行なわれていました。鄭州分局の朝杞線(朝陽溝-新鄭-杞県 間)は、それらのなかでも最後まで残っていた線のひとつでした。

しかし2008年に運休となり、その後は 新鄭駅構内などで 標準軌の敷設工事が行われている との 目撃情報も拝見していましたので、既に改軌され ナローゲージは姿を消したものと 考えていました。

この日は、朝から近くにあった 河南省建材廠 を訪問したのですが、天候不順のため 粘土輸送列車が運休になってしまいました。

そこで、せめて 地方鉄路の廃車体や遺構 だけでも 見ておきたいと考え、鄭州のガイドさん(牛育軍氏)に運転してもらい、乗用車で 現地入りしました。  
  
   

 
 
  乗用車で 新鄭の街に近づくと、地図にあるとおり 地方鉄路の踏切が見えてきました。

既に改軌されているとすれば、標準軌の線路があるはずですが、何だか様子が違います。
     
  なんと、渡ったのは、デュアルゲージ(3線区間)の踏切でした。

そして、踏切の左手新鄭寄りには、真新しい設備の南関という貨物駅がありました。

右側には、バラストの積込施設が作られています。
     
  この日は天候が悪く、テンションも低めだったのですが、
ナローゲージが存続しているらしい ということがわかり、少し元気が出てきました。

次は、新鄭の街中にある新鄭駅に向かいました。

駅と言っても客扱いをしているわけではありませんので、鄭州分局などのオフィスとして使用されている模様です。

公安関係の表札や車両も見受けられましたので、立ち入りは見合わせます。
     
  新鄭駅の構内の様子です。

一番右側に、標準軌の線路が新しく設けられていますが、他は全て 狭軌 のまま 残っていました。

列車の走る気配は全くなく、居合わせた職員からも、「もう5時だし、明日の朝まで列車は来ないぞ」と言われました。

このため、所用のある ガイドさんとお別れし、一人 新鄭に居残ることにしました。
     
  新鄭駅近くのホテルに宿泊し、翌朝 7時過ぎに近くにある 機関庫を訪れてみる ことにしました。

本線では保線工事が行われていました。

 
     
  新設のデュアルゲージは機関庫の手前までで終わり、 機関庫の敷地内には 昔ながらの情景が広がっています。
     
  8時15分になると、回送の列車が 排煙を出しながら 発進し始めました(3817号機)。
     
  出庫した回送列車は、引込線を経て本線に合流します(3817号機)。

このあたりは、デュアルゲージ同士の分岐点となっているため、レール6本が ひしめくように並んでいます。
     
  回送列車が、デュアルゲージ区間を走り抜けます(3817号機)。

この先の新鄭駅構内では、ナローゲージ(762mm)と標準軌が 別々に敷設されいるため、デュアルゲージは一旦ここでお終いになります。
     
  列車を追いかけて、新鄭駅までやってきたところ、運転士達が下車するところでした(3817号機)。

このあと、彼等は 駅舎に入ったまま いくら待っても出てきませんでした。
     
  3817号機の銘板です。

長沙で製造された NY380型 とあります(製造時期については読み取れず)。