訪問リスト >> 渝新能源 東林煤砿 >> 2012.5

渝新能源 東林煤砿
Yuxin Energy / Donglin Coal Mine
2012.5.4
レポート :  【 2012.5 】
         
   
この軌道の存在は、レイル誌に掲載された蔵重様のレポートを拝見して知りました。
炭砿アパートの前を走る小型のディーゼル機関車の写真が 印象的で、非常に気になる存在でしたが、なかなか足をのばすことができずに居ました。

その後、現地を訪問された 知人の丸谷様から、目指すディーゼル機関車が 平日の早朝にしか走らない ことや、現地へのアクセス など、詳しい情報 を教えていただきました。

そこで、前日のうちに 重慶から 万盛まで 高速バスで移動して、翌朝、訪れてみました。 
  
   

 
 
  朝7時、トロッコを押す職員達の後ろで、待ちに待った車庫の開門操作が始まりました。 
     
  車庫の中から、超小型のディーゼル機関車が姿を現しました。 
     
  側面には 「精心操作 安全第一」 という標語が書かれていて、頼もしい限りです。
     
  しかし、空車を押して、推進運転で資材置場に入ろうとしたところ、いきなり 脱線してしまいました。 
     
  ようやく復旧し、資材置場に到着しました。

施設の中には入れてもらえませんでした。
     
  その後は、単機で 400m 程 離れた金属加工場へと 向かいます。
     
  軌道は道路脇に敷かれていて、川沿いに並ぶ古びた炭砿アパートの前を 通り抜けていきます。
     
  機関車は ゆっくりと進むので、何度も 追い越しては 撮影することができ、ありがたかったです。

なお、車体の台枠部分には 数字の 8 という文字が 描かれていますので、8号機関車 でしょうか。
     
  川を眺めながら 木陰で一杯やっていた勤務明けの職員達も、気軽に声をかけてきます。 
     
  ようやく、金属加工場の近くまで やってきました。
     
  最後は、手押しで 金属加工場の中へと 入って行きました。
     
  機関車の到着と入れ違いに、手押しのトロッコが、炭砿へと向かって行きました。

 
     
  金属加工場の中には入れてもらえませんでした(入口に「禁止入内」と書かれています)。

積荷の準備が整うまでの間、運転士も 一服できそうです。
     
  入口付近で待機すること、約 1時間。

ようやく、資材運搬列車の発車準備が整ったらしく、機関車のエンジンを始動します。

白煙がもうもうと上がります。
     
  資材運搬列車が 売店の店先を通過していきます。
     
  炭砿アパートの住人達にとっては、毎日 見慣れた風景なのでしょうね。
     
  資材置場で、材木を積んだトロッコを増結し、長大編成になりました。

目指す炭砿までは、あとわずかです。
     
  資材運搬列車が、炭砿の坑内に 到着しました。

万一、急ブレーキをかけると、丸太が運転席に突っ込んで来るのでは?と 心配ですネ。

このあと、列車は竪坑砿口の方に向かっていきました。

なお、施設内への立入りは、止められてしまいましたので、列車の追跡は これで 終了です。