訪問リスト >> 阜新砿業 興阜砿 >> 2013.8

阜新砿業 興阜砿
Fuxin Mining / Xingfu Coal Mine
 2013.8.15
レポート :  【 2013.8 】
         
   
標準軌を走る蒸気機関車で有名な阜新には、ナローゲージの凸型電気機関車が活躍する炭砿が 2箇所あり、 興阜砿はそのうちのひとつでした。

かねて 訪れてみたいと思っていましたが、構内への立入りや 撮影の許可を得ることが難しい という話も聞いていましたので、半ば あきらめていました。

しかし、地元のガイドさん(谷満春氏)による 事前折衝のおかげで、撮影可能との返事をいただくことができ、訪問することを決めました。

朝から 近くの 五龍砿 を先に訪問した後、昼前に こちらへやって来ました。
  
   
 
 
  ガイドさんの車に乗せてもらって 興阜砿にやって来ると、 ヤード を横切る踏切がありました。

踏切標識には、何やら L型の電気機関車らしき車両が描かれていました。
 

案内してくれた職員から 「この先、構内の奥は危ないので入らず、この辺りで 撮影するように」 と言われます。
     
  しばらく待っていると、凸型の電気機関車が 石炭トロッコを押しながら 推進運転で近づいて来ました(10号機)。

五龍砿の電気機関車と 良く似ています。
 
     
  列車は、踏切を 渡り終えたところで 停止してしまいました(10号機)。
     
  下車する運転士が、こちらへ 声をかけてくれました(10号機)。
     
  10号機の銘板です。

大連電車公司 電車工廠 製 で、14 t 機 と思われますが、塗り重ねられた塗装のせいで 製造年月などは 判読できません。
 
     
  ヤードでは、別の機関車による 入換作業が始まりました(6号機)。

ここ興阜砿の 凸型電気機関車は、窓回りやサイドが いずれも黄色く塗られ、ほど良いアクセントになっています。
 
     
  線路脇の詰所では、待機中の職員が 入換作業を見守っています(6号機)。
     
  入換が一段落したのか、解放作業が始まりました(6号機)。
     
  作業を終えたスタッフは、どこかへ行ってしまいました(6号機)。

運転士も このあと 下車してしまいました。
     
  のどかな昼下がり、休憩を取るスタッフの数が増えて来ました。

一方、手前のヤードでは 機関車も停まり すっかり静かに なってしまいました(6号機)。

非常に凝った作りの 機関車の台枠を じっくり眺めた後は、そろそろ 潮時かな と 引き揚げることにしました。