訪問リスト >> 栄山煤業 >> 2011.7

栄山煤業
Rongshan Coal Mining
2011.7.18-19
レポート :  【 2011.7 】 【 2012.3-準備中 】 【 2012.8ー準備中 】 【 2013.3ー準備中 】
         
   
栄山煤業は 監獄鉄道という 特殊な背景があり、実に 魅力的な鉄道であるものの 永い間 訪問を躊躇してきました。

しかし 過去に訪問された方達の貴重なレポートや ご意見を参考にさせていただいた結果、まずは 1度 訪れてみることに決めました。

ただ ガイドさんを帯同して 万一 迷惑がかかると 申し訳ないので、今回は あえて 単独で訪問することにしました。

当時は、終点の 喩家扁の奥にあった 炭砿は休業中で、石炭列車は運行されておらず、無蓋車をつないだ 混合列車が 1日に 3往復(火・木曜日)または 2往復(残りの5日)運転されていました。  

なお 訪問に際して、直前に現地に赴かれた 丸谷洋一氏から 数々の貴重なアドバイスをいただきました。厚く お礼申し上げます。
  
   

 
 
  早朝に 成都を発った列車で 広元駅を降り、タクシーで 栄山に たどり着いたのは 15時頃でした。

栄山駅に出向くと、プラットホームでは、15時30分発の 205次列車が 停車中でした(210号機)。

この日は月曜日のため、午後は この列車しか走りません。
     
  栄山駅の構内には、古い客車の廃車体も 並んでいました。

一方、先程の列車は 構内で 車掌車・無蓋車 の連結を済ませると、乗客達が 乗り込み始めました。
 
     
  真夏の日中のことですから、停車したままの客車の車内は、まるで蒸し風呂のようです。

トラブルを起こさないように・・と 緊張して乗り込んだのですが、あまりの暑さと 腹を出してくつろぐ乗客達を見ていると 張り詰めた気持ちも 緩みがちです。

ところが その時、膝の上の青シャツに 紺の肩章が付いている ことに気付き、それまでの 暑さなど 一瞬のうちに 吹き飛ばすことができました。

まもなく 回って来た車掌に 乗車賃(1元) を払うと、列車は動き出しました。

 
     
  誰からも話しかけられないように、こちらが 狸寝入りをする間に、列車は 中間駅も過ぎ 終点の喩家扁站に 30分ほどで 到着しました(210号機)。

下車した乗客達は、ここから 線路伝いに 奥の方へ 歩いて行く者、吊り橋を渡って 川の対岸に向かう者など様々です。

折り返し 栄山に戻る私は、構内に 一人 取り残されました(前方に座っている女性は車掌さん)。

左手には かつての名残である 監視塔の遺構 があります。
     
  やがて 機回しを経て、機関車が先頭に立ちました(210号機)。

この 206次列車の発車時刻(16時30分発)まで まだ10分余りありますが、準備が整った客車に 再び 乗り込みます。




 
     
  車内で 目をつぶって 発車を待っていると、発車間際になって 乗客が 急に増え 何やら 賑やかになりました。

そっと 薄目を開けてみたところ、周りは 何と 公安関係者ばかりです。

このため、楽しみにしていた 車中からのロケハンは 諦め、またもや 狸寝入りで 栄山へと 戻ることになりました。

なお、栄山からは ミニバスを利用して 広元市内へと 引き揚げました。
     
  翌日は 火曜日なので、1日に3往復の列車が走る日です。

広元市内から 再び ミニバスで 現地入りした後、栄山駅から 3 kmほど先まで 線路や道路沿いに 歩いてみることにしました。

途中 テンダファーストの201次列車を やり過ごした後、戻りの202次列車は 后河沿いの 段々畑の中で 待ち受けることにしました。

10時20分 頃に 列車の姿が見えてきました(210号機)。
     
  上の写真を拡大してみると・・・

無蓋車には、荷物の積下しを手伝うためか 坊主頭の服役囚(5名) と 見張り役の職員(2名)の姿が 写っています。






 
     
  緊張感の漂う 無蓋車とは対照的に、 実に のどかな風景の中を 列車は 走り去って行きました(210号機)。
     
  続く 203次列車を 途中の橋梁で撮った後、204次列車は 田んぼの中のカーブ(2.5 km地点)を通過するシーンを 撮ることにしました。

列車は 13時半位 にやって来ました(210号機)。
 
     
  15時40分 に、昨日 乗車した 205次列車 がやって来ました(210号機)。

列車は テンダファーストで上がって来るため、サイドから 撮れる場所(畑の中)を 探して待ちました。
     
  戻りの最終となる 206次列車も、后河の渓谷を走るところを 道路脇から 撮ることにしました(210号機)。
     
  上の写真の続きです(210号機)。
     
  走り去る列車を 見送った後、前日と同じ要領で 広元市内へと 戻りました(210号機)。

ヒヤヒヤしながらの 訪問でしたが、無事に 撤収できて ホッとしました。