訪問リスト >> 馬田砿業 >> 2018.9.後編

馬田砿業
Matian Mining
2018.9.2-3.後編
レポート :  【 2015.8 】 【 2016.3.前編 】 【 2016.3.後編 】  【 2016.11-準備中 】 【 2018.9.前編 】 【 2018.9.後編 】
         
   
前日に引き続き、馬田砿業 訪問の 2日目です。

朝の出庫シーンを撮り逃さないよう、少し早起きをして 車庫へと向かいました。

この日は、前日に続き 天候に恵まれたうえに、運よく 保線作業用のレールバス を 目にすることができました。

ガイドは、引き続き 柳曙光さんに お願いしました。 
  
   

 
 
  6時40分に 車庫に出向くと、機関車は まだ 仲良く 庫内に並んでいました(015号機 他)。




 
     
  7時3分、車庫から 1両目の機関車が顔を出しました(015号機)。

この後、2両目の機関車も すぐ後に 続きました。
     
  7時4分、1両目の機関車が 構内を 走り抜けて行きます(015号機)。
     
  7時7分、2両の機関車が 事務所の近くで 並んで 停車しました。

ここで 運転士を始め 職員達は、一旦 下車し 次々と 建物の中に 入って行きます。

これから、仕業前の手続きがあるのでは?と 思われます。
 
     
  7時15分、戻ってきた 職員が乗り込み、2両の機関車は 相次いで 動き始めました。

その後は、奥に並ぶ 貨車の先に行き、空車列車を曳いて エンドレス区間を回り、それから こちらに戻ってきます。
 
     
  エンドレスの区間を通り抜けた 空車列車は、7時23分頃に 目の前を通過して行きました。

私達も これから この空車を タクシーで追いかけて、高泉塘方面に向かいます。
     
  7時50分、X053県道の一つ目の踏切で 待ち構えて、通過列車を 撮りました(015号機)。

なお 職員から、この日は 保線作業用のレールバス が 高泉塘砿に行っていることを 知らされました。

馬田砿業には 何度か訪問していますが、今までに レールバスは見たことがなく、高泉塘砿 へ 急行することになりました。
     
  終点の高泉塘砿に行ってみると、レールバスは 構内に停まっていました。

この後、間もなく ここを通る 空車列車を待避するため、機回し線へと移動します。
 
     
  わかり難いですが、見えているのは レールバスの運転席側です。

8時40分、レールバスの横を 空車列車が通り抜けて行きます(015号機)。
     
  レールバスの車内に 付いていた 銘板 です。

湖南省地方鉄路機車車輛廠 製 とのことですが、製造時期については よくわかりませんでした(かなり年季が入っている様子)。

なお 運転士の話では、当初は 要人の専用車として 導入されたそうです。
 
     
  機関車の機回し作業や、その後の石炭列車の通過の邪魔にならないよう、レールバスは 高泉塘駅へ 移動し、石炭列車の通らない 新星砿 方面側に 停車しました。

わかり難いですが、見えているのは レールバスの後ろ側です。
     
  10時45分、途中の芝蘭沖駅まで下ってきた レールバスは、ここで 空車列車と交換します。

プラットホームに立って、機関車の職員と 打ち合わせているのが、レールバスの運転士です。
 
わかり難いですが、見えているのは レールバスの運転席側です。
     
  レールバスの走行シーンを撮ろうと、その先にある大カーブで待ち受けることにしました。

11時半、レールバスが カーブに 差し掛かります。

なお、運転席は後ろの方にあります。
     
  上の写真の続きです。

カーブを通り抜け レールバスは走り去って行きました(見えているのは 運転席側です)。

 
     
  その後は 馬田に戻り、レールバスの帰着を待っていたところ、11時52分になって 戻ってきました。

一番 後ろで 顔を出しているのが 運転士です。

無理な姿勢での運転、帰りは さぞや 疲れたことと思います。

 
     
  ちなみに、前方には 安全確認のため 助手が乗っていました。
     
  12時ちょうどに、レールバスは 専用の車庫へ入りました。

仕事を終えた運転士は、扉を閉めて 家路につきました。