訪問リスト >> 永栄砿業 永川煤砿 >> 2014.3

永栄砿業 永川煤砿
Yongrong Mining / Yongchuan Coal Mine
2014.3.31
レポート : 【 2011.11-準備中 】   【2014.3 】  【 2017.3 】  【 2018.3 】
         
   
2年余り前(2011年11月)に初めて訪れた時は、慌ただしい中での撮影でした。

わずかに、六井付近での走行シーンと、紅炉鎮にある車庫への入庫の様子を見ただけでした。

そこで、今回は、終点の韋家溝まで行ってみたい と考え、朝から永川でタクシーをチャーターして、訪問することにしました。
 
   
 
 
  8時40分に六井を発車した紅炉鎮行きの石炭列車です(1号機)。

この区間では、ご覧のようなゴンドラタイプの貨車が使用されています。
     
  紅炉鎮で石炭を降ろした列車が、終点の韋家溝に戻ってきました(1号機)。
     
  石炭積込のため、韋家溝にて入換作業中の石炭列車です(1号機)。

後ろに見えるのが、積込施設です。
     
  同じく韋家溝にて、機関車の付替作業をしているところです(1号機)。

子供に列車を見せながら、守りをする若い父親の姿がありました。
     
  途中の六井で見つけた坑内軌道です。600mm軌間かと思われますが、立入りは見あわせました。

Google の衛星写真を見ますと、終点の韋家溝にも、同様の軌道がありそうです。
     
  紅炉鎮の積込施設です。

選炭を終えた石炭は、ここで別の列車に積み込まれ、双石橋へと向かいます。
ここから先の区間には、ホッパ車が使用されています。
     
  間もなく 双石橋からやってくる列車を、紅炉街の街中で撮ることにしました。

この辺りは、沿線で、最も併用軌道らしい光景がみられる場所です。

店先で、トランプゲームに熱中する村人の横を、徐行運転で 列車が通り過ぎて行きました。
 
     
  紅炉街にて、次の列車を待つ間の一コマです。

蒸気機関車の描かれた踏切標識を撮っていたところ、老人がやってきました。
     
  この日は、紅炉街で、お葬式があり、会場の前を列車が通っていきました(5号機)。

不謹慎ではないかと心配でしたが、関係者の承諾をいただくことができたので、撮影します。
     
  向かいの店では、会葬者向けと思われる 葬儀用のグッズが並んでいました。

赤い棒が爆竹、そして札束は「中国冥民銀行券」です。
     
  先程、紅炉街で撮った列車を追いかけて、双石橋との間で撮影しました(5号機)。

このあと、永川に戻り、高速バスに乗って重慶へと帰りました。