訪問リスト >> 紹興漓渚鉄砿 >> 2014.7.後編

紹興漓渚鉄砿
  Shaoxing Lizhu Iron Mine
2014.7.25.後編
レポート :  【 2013.3ー準備中 】 【 2013.9ー準備中 】 【 2014.7.前編 】 【 2014.7.後編 】 【 2016.7 】
         
   
上部軌道訪問の後は、凸型電気機関車の活躍している下部軌道を見に行くことにしました。

上部軌道のある東西砿から 坂道を下り、下部軌道の終点(ホッパーのある地点)へ出向いたものの、列車の姿は見あたりません。

間もなく姿を見せるであろう 1本目の空車列車は、工場方面へ歩きながら 沿線で撮ることに決めました。
   

 
 
  11時55分頃、下部軌道のほぼ中間にある 紹興酒会社の前に来たところで、空車列車と遭遇しました。

牽引していたのは、今まで見たことのない 新型の電気機関車でした(03号機)。

後になって、湖南省の湘潭市電機車廠 製 の 20t クラスの機関車であることがわかりました。
     
  この下部軌道では、通常 列車 3本による続行運転で 鉄砿石が輸送されています。

終点の東西砿に戻ったところで、2本目の空車列車が姿を見せ、構内への進入シーンを撮ることができました。

こちらも、同じく新型の機関車です(02号機)。
 
     
  構内では、先着の03号機が 既に 砿石列車との連結を済ませ、ホッパーを離れる準備を終えています。

一方、02号機の曳く空車列車が 到着したのは、12時20分のことでした。


 
     
  03号機の曳く砿石列車が走り去った後、入れ替わりに 3本目の空車列車が姿を見せました。

架線をスパークさせながら やって来たのは、旧型の14t機です(12号機)。
 
     
  上の写真の続きです。

訪問3回目にして、ようやく 14t 機の曳く 空車列車を見ることができました(12号機)。

 
     
  上の写真の続きです。

こちらが、14t 機のサイドビューです(12号機)。

新型機に比べると、プロポーションも美しく 端正なスタイルです。
     
  ホッパーの前で、新・旧両雄の顔合わせとなりました(左 02号機、右 12号機)。

この先 新型機が 更に投入されると、このようなシーンは 見れなくなるかもしれません。
     
  2本目の列車が走り去った後、広くなった構内では 14t機の機回しが始まりました(12号機)。
     
  上の写真の続きです。

機回しを手伝うために、東西砿の職員がポイントを操作しています(12号機)。

奥の方には、発車したばかりの 砿石列車の後ろ姿が見えています。

後で考えると 残念な話ですが、今回の訪問は ここで時間切れになってしまいました。

12時半を回って、杭州空港へと向かわざるをえなかったのです。