訪問リスト >> 海拉尓蒙西水泥 >> 2016.7.後編

海拉尓蒙西水泥
Hailar Mengxi Cement
2016.7.16-18. 後編
レポート : 【 2015.9 】  【 2016.7.前編 】 【 2016.7.後編 】 【 2017.7 】
         
   
ハイラル滞在中、朝のうちは 保線の工事列車を追いかけましたが、遅くとも 10時頃には 工場に戻ってしまいます。

工事列車と 入れ替りに 走り出すのが 石灰石列車で、今回の滞在中は 連日 7-8 往復 程 運行されているようでした。

後編では、3日間にわたって撮りました 石灰石列車の写真を、日当山砿山 から工場方向に向かって 順番に 並べてみます(前年とは 少しづつ異なる場所で 撮っております)。

なお、列車を牽引する ディーゼル機関車については、16日は 003号機・006号機、17日は 007号機・008号機、そして 18日は 006号機・007号機 が 使用されていました。
 
   

 
 
  石灰石砿山(日当山)を発車して しばらく進むと、列車は 牧草地の中を走り始めます。

砿山の西側に広がる 丘の上から、接近する空車列車を撮ってみました(007号機 17日)。
     
  004郷道の踏切周辺には、鄙びた集落が広がっています。

石灰石列車が、街並みを走り抜けていきました(006号機 18日)。
     
  少し南で、ハイラル河の水を河岸段丘の上に送るために作られた灌漑用水路を渡ります。

空車列車が、橋梁にやってきました(008号機 17日)。
     
  灌漑用水路の少し南側にあるカーブです。

空車列車が やってきました(006号機 18日)。
     
  上の写真と 同じカーブですが、反対側から 狙ってみました。

008号機の曳く石灰石列車が通過して行きました(17日)。
     
  更に少し南側に進むと、放牧中の馬の姿がありました。

組み合わせて 石灰石列車を撮ってみました(003号機 16日) 。
 
     
  こちらは、上の写真を撮った地点から、1 km ほど南になります。

夏のハイラルは、予想していた以上に 日中は暑くなり、草原地帯では 見渡す限り 日陰もないので参ってしまいました。

傘をさして、石灰石列車の通過を待ち構えました (007号機 17日)。
     
  17時近くになると、ようやく日も傾き、河岸段丘の影が 線路を覆い始めます。

気温も下がり始め 一息ついていると、放牧中の牛や馬達が、追い立てられるように 牧草地を 後にし始めました。

静かになった草原に、空車列車がやってきました(008号機 17日)。

 
     
  海拉尓河の南側の築堤で 18時まで粘っていたところ、石灰石列車が 戻って来ました(008号機 17日)。
     
  最終日には、G301国道の道路脇から 空車列車を狙ってみました(006号機 18日)。

なお この先 工場までの間 は、工業団地の開発が進み 高圧鉄塔や電柱が林立しているので、閉口してしまいました。