訪問リスト >> 大連塩化集団 金城 >> 2017.10

大連塩化集団 金城分公司
Dalian Saltworks / Jincheng Branch
2017.10.27&29
レポート : 【 2012.8 】  【 2013.8 】  【 2014.5 】  【 2017.10 】 
         
   
約3年半振りに 金城分公司を訪れる機会が得られましたが、今回の楽しみは 今まで 殆ど中に入ったことがなかった 第4塩場線の訪問でした。

第4塩場線に関しては、YN 様(2016年 ご訪問) や だ~はら様(2017年 ご訪問)から、アクセスルートの情報や見どころ などを 紹介してもらっていましたので スムーズに 訪問することができました。

ありがとうございました。

なお 今回も 高鉄の普湾駅で 瀋陽から来る ガイドさん(李卓珣 氏)と待ち合せ、タクシーをチャーターして 現地に向かいました。
 
   

 
  27日の昼前に 金城に到着し、まず 木橋近くにある国鉄線の土手へ登ってみることにしました。

見下ろすと、塩場に向かう空車列車が 対向列車の到着を待っているところでした(奥側 05号機)。

しばらくすると、塩を満載した列車が姿を現しましたが、左手奥にある 積降場を目指し 走り去っていきました(手前 01号機)。

 
     
  戻りの列車が見えなくなると、空車列車は 動き始めました(05号機)。
     
  12時半頃に 化工会社の前に行ってみると、運良く 専用機関車が 工場から姿を現しており 入換作業をしているところでした。

前回 見た時は、無塗装で 銀色であった機関車ではないか と思います。


 
     
  運転状況が掴めたところで、復州湾の街で 腹ごしらえを済ませることとし、午後からは 第4塩場線へ向かうことにしました。

14時頃 途中まで来たところ、第3塩場線分岐点 手前にある待避線に、工事列車が 停まっていました(10号機)。

作業員の姿は見えません(後ほど この日の保線作業は 更に先で行なっていたことがわかりました)。
     
  第4塩場線の12連橋の近くに やって来ました。

橋梁の北側で待ち構えていたところ、14時半すぎになって 空車列車が 築堤の上を こちらに近づてくるのが見えました(05号機)。
     
  上の写真の続きです。

空車列車は 急なカーブを曲がった後、川を渡り始めます(05号機)。
     
  今度は 橋梁の南側に移動して 待機していると、15時前になって 塩を載せた列車が 通過して行きました(01号機)。

この後、更に 第4塩場線の奥へ行きたかったのですが、並行する道路が工事中のため タクシーでは先に進めませんでした。

そこで、先ほどの工事列車を探し求めながら、徐々に 金城方面へ 戻って行くことにしました。

 
     
  工事列車が停まっていたのは、先ほどの場所ではありませんでした。

第3塩場線 分岐点よりも 少し西側へ来て 停まっていました(10号機)。

15時を回ったので、職員達が保線作業をしている所まで 迎えに来たのでしょう。
     
  金城の近くに戻り、国鉄廃線跡との立体交差地点で 待っていると、先ほどの工事列車が 16時近くになって 戻ってきました。

推進運転でしたので、走り去る列車を後ろから撮りました(10号機)。
     
  その先の踏切で 17時半まで粘っていたところ、ようやく 塩を積んだ列車が戻ってきました(06号機)。
 
     
  翌28日から29日の午前中にかけては、五島分公司を訪れていましたが、29日の14時過ぎ に 再び 金城分公司に 戻ってきました。

積降場近くの踏切を通ると、空車列車が停まっているのが見えました(05号機)。


 
     
  中を覗いてみると、ヤードの入口付近にも 別の機関車が停まっていました。

運転手も乗車しているので、待機中のようです。
     
  ヤード内の信号所施設に昇って、車庫の方を見渡してみました。

かつての建物は取り壊されてすっかり様子が変わっていました。

手前の方には 見慣れない 廃車体が何両も並んでいました。
 
     
  その後は、再び 第4塩場線へと向かいました。

14時半頃、第3塩場線 分岐点の 少し西側で、塩場から戻ってきた列車を 目にすることができました(06号機)。

一昨日、保線作業を行なっていた辺りです。
 
 
     
  第4塩場線の橋梁の北側で待っていると、15時頃に 空車列車 がやってきました(05号機)。

波打ち際を 列車が通過して行きます。
 
     
  その後は 金城方面に戻り、再び 国鉄廃線跡との立体交差地点にやってきました。

列車の接近を 待っていたところ、最初に姿を現したのは なんと 羊の群れでした。
 
     
  16時近くに、空車列車が やってきました(06号機)。
     
  上の写真の続きです。

国鉄廃線跡の下をくぐり抜け、塩場へと向かいます(06号機)。
     
  その後、すぐ前にある 通洞信号所の2階から 撮らせてもらえることになりました。

17時近くまで粘っていると、第2塩場からの戻りの列車が通過して行きました(01号機)。