訪問リスト >> 江合煤砿

江合煤砿
Jianghe Coal Mine
重慶市 北碚区
レポート:【 2011.9 】  【 2011.11 】  【 2012.3 】  【 2012.5.前編 】  【 2012.5.中編 】 【 2012.5.後編 】
     
   
     
  江合煤砿は、重慶市北部 に位置する炭砿です。

石炭輸送の目的で、1937年頃に 炭砿の積替施設から嘉陵江に至る軌道が 敷設されました(軌間600mm)。

その後、コークス工場(302工場)が完成すると、302工場から嘉陵江までの区間は廃止になったものの、残り11.3kmの区間が 永く 使用されてきました。

1950年頃からは 自社製のディーゼル機関車が投入され、その独特のスタイルと駆動方式で親しまれてきました。

しかし 沿線の再開発計画の具体化に伴い、石炭の搬送手段をダンプ輸送に切り替えることになり、2012年に 廃線になってしまいました。


* その後 炭砿も 閉山になり、上部軌道(軌間 600mm)も 廃線になってしまいました。
また 302工場も閉鎖されました。


・参考資料: Rail Magazine No.192 「唐さんのグースたち」(名取紀之氏・水野克成氏)
・参考資料: 夢遊生活の日々「重慶のグース」(夢遊仙人氏)

・所 在 地 : 29.789446, 106.554273(太山石)