訪問リスト >> 江合煤砿 >> 2011.11

江合煤砿
Jianghe Coal Mine
2011.11.3-4
レポート :  【 2011.9 】  【 2011.11 】  【 2012.3 】  【 2013.5-準備中 】
         
   
前回の初訪問で、この鉄道には 様々な魅力あることがわかり、すっかり 虜になってしまいました。

一方、非常に残念なことに 早ければ 年内(2011年)にも 廃線が検討されている との情報が 耳に入っていましたので、2ケ月後に 再訪することにしました。

なお、今回の 2日間の訪問でも、初日のみ ガイドさん(陳世勇氏)のお世話になりました。
 
   


 
  初日は まず、重慶市内の両路から 太山石まで 路線バスで移動し、その先にある Ωループを訪れました。

前回は、石炭列車が続行で下りて来るところを撮ろうとしましたが、列車の間隔が 開きすぎていて 上手く撮ることができませんでした。

今回は 立ち位置を変えて 炭砿へと戻る 空車列車の続行運転に 挑戦してみました。 

あいにく 天候があまり良くなかったのが 残念ですが、9時40分頃に登ってきた 列車のうちの3本を 何とか1枚に収めることができました。
     
  その後、一旦 太山石に戻り、再び 路線バスに乗って 起点の積替施設を訪れました。

積替施設では、既に2本の列車が 石炭の積載を終えており、職員達は 発車の合図を待っているところでした(4号機)。

 
     
  これら 2往復目の石炭列車は、積替施設の近くで 撮ることにしました。

10時半頃、続行の列車が 双龍村の水路橋を くぐり抜けて行きました(5号機)。
     

  この村には、線路伝いでなければ 出入りできない民家も多く建っているため、住民にとって 列車は身近な存在のようです。

沿線では、列車を見せながら 赤ちゃんをあやす 女性の姿がありました(1号機)。
     
  その後、一向に 残る1列車が やって来ないので、不思議に思って 引き返して見ると、列車は 途中で停車しており 線路上では 職員が 盛んに砂撒きをしているところでした(3号機)。

どうやら、この辺りは逆勾配になっていて 雨に濡れたレールがスリップして 走れなくなった模様です。

努力が報われたのか、まもなく 列車は 無事に走り出しました。
     
  その後は、路線バスとバイクタクシーを乗り継いで 終点の工場近くまで 一気に 移動してみることにしました。

先程の 2往復目の石炭列車を 先回りして待ち受けるためです。

うまい具合に、続々と 下って来るところに 間に合いました(5号機)。
     
  工場の入り口では、砂撒きトロッコの準備をする職員の姿がありました。

この後に、彼の出番が あるのでしょうか?

 
     
  12時になったので 再び バイクで太山石へと戻り、食堂で 昼食を済ませます。

しばらく待機していると、13時を回った頃に 2往復目の空車列車が、続々と太山石に進入してきました(1号機)。

 
     
  バイクを使って Ωループの更に北まで 先回りしてみると、2往復目の空車列車に 再び 出会うことができました。

続行運転の最後の列車には、先程の砂撒きトロッコが 連結されています(3号機)。

このまま積替施設に回送された後、翌朝の1番列車として 活躍するようです。

なお、まだ14時前ですが この日の運行は この2往復で 終了となりました。

 
     
  翌日は、一番列車を 太山石とΩループ との間で撮ろうと考え、早朝の路線バスに乗って やってきました。

濃い朝靄が、後ろに立ち並ぶ高圧線の鉄塔を 隠してくれています。

7時半位から、1往復目の石炭列車が 次々にくだって行きました(6号機)。
 
     
  5号機が牽引する最後の石炭列車が 通過するまで、15分ほどでした。
     
  戻りの空車列車を 再び Ωループ周辺で撮った後は、太山石に 戻りました。

11時頃になると、2往復目の石炭列車が 到着し始めました(6号機)。
     
  続行列車のうちの1本は、太山石の店の中から 撮らせてもらいました(5号機)。

店内で トランプゲームに興じる村人達は、列車が通り過ぎようと、私が 横で写真を撮ろうと、熱中しているため 振り返ることはありません。

カメラを前にすると ぎこちない動きを見せる人達と違い、ありがたかったです。
     
  最後の編成が到着しました(1号機)。
     
  職員は タバコを買い求めるため 商店の前で 停車しました(1号機)。

 
     
  店先には、椅子に腰掛け 世間話をしながら子守りをする 婦人達の姿がありました(1号機)。

 
     
  準備の整った列車は、まもなく 太山石の街を発車して行きました(1号機)。

この後は 11時過ぎで切り上げ、路線バスで重慶へと 戻りました。